トップ > 町づくり > 行政組織 > 農業委員会事務局

行政組織

行政組織

農業委員会事務局

農地の売買、転用、貸借、贈与、相続、農業者年金など業務を担当しています。

TEL 0152−76−2151 内線 261

  • 農地の売買又は賃貸借
  • 農地を宅地に転用、農地以外に転用する場合
  • 農家の経営継承に伴う贈与・相続の手続きについて
  • 農業者年金の加入・受給手続きについて
  • 農地の斡旋、取得にかかる相談について

農業委員が新しくなりました。

地区の農業委員

(任期  平成29年4月15日~平成32年4月14日)
氏  名 担  当  地  区
田原 賢二
東岡・活汲・岩富・東達美・達美・最上(町内全域)
巴  敏博
高台・豊永・美都・上里(町内全域)
細川 幹生
高台・豊永・美都・上里
近藤 雅浩
東岡・活汲・岩富・東達美・達美・最上
嶋田 治仁
大昭、布川、相生
佐野多希子
高台・豊永・美都・上里
迫田 和男
大昭、布川、相生
上野 安男
町内全域
山田 伸二
東岡、活汲、岩富、東達美、達美、最上
石橋 利明
共和・恩根・双葉・本岐・沼沢・木樋・二又
西原 芳明
共和、恩根、双葉、本岐、沼沢、木樋、二又

下限面積(別段面積)の設定について

 平成21年12月施行の改正農地法により、農業委員会が、農林水産省令で定める基準に従い、市町村の区域内の全部又は一部についてこれらの面積の範囲内で別段面積を定め、農林水産省令で定めるところにより、これを公示したときは、その面積を下限の面積として設定できることになりました。
 また、「農業委員会の適正な事務実施について(平成21年1月23日付け20経営第5791号農林水産省経営局長依命通知)」が平成22年12月22日付けで一部改正され、農業委員会は、毎年、下限面積(別段面積)の設定又は修正の必要性について審議することとなりました。
 このため、津別町農業委員会では、今年度の下限面積(別段面積)の設定について審議し、次のとおり設定しています。

  • 2015年農林業センサスにおいて、2ha以上を耕作している農家戸数が全体の90%を超えているため、農地法第3条第2項第5号の規定に基づき、津別町の経営における下限面積は2haとします。
  • 別段面積は,設定しない。

津別町農業委員会農地等の利用の適正化の推進に関する指針の公表

 津別町農業委員会では、農業委員会等に関する法律第7条第1項に規定される「農地等の利用の最適化の推進に関する指針」を定めましたので、農業委員会等に関する法律第7条第3項に基づき、公表します。

農地等の利用の最適化の推進に関する指針

津別町農業委員会の「点検・評価」と「活動計画」

 「平成28年度の目標及びその達成に向けた活動の点検・評価」と「平成29年度の目標及びその達成に向けた活動計画」を策定しましたので公表いたします。

農地中間管理事業に係る5月の借受希望者の募集について

農地中間管理機構より農用地の借受を希望する場合は、事前に申出書を提出していただく必要があります。
次のとおり募集いたしますので、希望される方は、下記により応募願います。
なお、前回応募された方は、今回提出いただく必要はありません。

  • 募集期間  平成29年5月1日~5月30日まで
  • 受付場所  津別町農業委員会事務局

※詳しくは、公益財団法人北海道農業公社ホームページhttp://www.adhokkaido.or.jp/をご覧ください。

農業委員会

このページのトップへ