トップ > 町づくり > 町のしごと > 津別町まちなか再生事業とは?

町のしごと

津別町まちなか再生事業とは?

津別町では将来の少子高齢化、人口減少、中心市街地の急速な衰退に伴う市街地機能の低下及び地域活力の減退などさまざまな課題を抱えています。その課題の解決のため、筑波大学等と協力し、まちなかの再生と持続可能な施策に対し調査研究を行い、町民の皆さんが心豊かに、安全・安心な生活を営むことができる地域社会の実現を目指す事業です。

一般社団法人地域総合整備財団(ふるさと財団)の助成事業のひとつであり、道内では初めて採択された事業であります。

津別町まちなか再生事業プロデューサー大澤教授のご紹介

筑波大学社会工学専攻長システム情報系工学域

大澤義明 教授

今回の津別町まちなか再生事業のプロデューサーをしていただきます。

大澤教授の経歴等はこちらから

住民企画課

このページのトップへ