トップ > つべつの紹介 > 交流 > でてこいランド

交流

交流

でてこいランド

NPO法人 北海道でてこいランド

北海道でてこいランドは、心身にハンディのある人もない人も、子供、大人、お年寄りも自然なかたちで出会い気軽に集い会い、のびのびと過ごせるバリアフリーの交流の場の提供、利用者の支援活動を行う目的で、地元及び全国から趣旨に賛同された方々からの支援、ボランテアなどの協力を得て昭和61年5月に「宿泊交流施設」をオープンしました。
これまでは、任意団体として運営してきましたが、行政や関係諸団体などのからの委託を受け障害者や高齢者などの住環境改善の相談、軽微な改善業務の受託、スポーツ合宿の食事の提供などの事業を進めるため、平成18年10月に特定非営利活動団体法人(NPO)の許諾認可を受けて地域の社会福祉などに寄与する目的で「北海道でてこいランド」を設立しました。

主な活動内容

○宿泊交流施設の運営及び維持管理
○障害者や高齢者などへの活動支援
○地域におけるユニバーサルデザインの調査研究
○社会教育団体及びスポーツ団体などへの活動支援
○その他、付帯する事業

宿泊交流施設の場所

網走郡津別町字共和24番地(津別川の傍です。)

運営

このNPO法人の趣旨に賛同される加入した個人、法人及び任意団体の正会員並びに趣旨に賛同し協力する個人、法人及び任意団体の賛助会員の会費及び活動事業で得た収益金をもって運営しています。

宿泊交流施設の申し込み先

 北海道網走郡津別町字豊永33番地21
「でてこいランド」事務局長 山内 彬
 TEL  0152−76−3010
 携帯 09086303861
 email:mrs724hy@sea.plala.or.jp

産業振興課

このページのトップへ