トップ > つべつの紹介 > 町の概要

街の概要

津別町について

町章

町章 ツ別の文字を図案化。
中央のツは森林の町としての山を、中央の白地は山ろくに連なる沃野を表し、躍進・津別を象徴しています。

町名の由来

アイヌ語の「ツペツ(山の出ばなを通って流れる川)」が通説となっています。

町の木・町の花

エゾマツ  スズラン

町の木 : エゾマツ(写真左) / 町の花 : スズラン(写真右)

特産品

特産品の詳細については<ここをクリック>

位置

地図

北海道東部オホーツク圏の内陸部に位置し、東西37.2km、南北34.1km、総面積約716.80km2に及び全道屈指の広汎な町域を有しています。

地勢

地形は、大別すると扇状に広がる河川流域の平地と、山地によって形成されています。
山地は、阿寒・屈斜路湖両カルデラの外輪山地、北見に隣接する町界山地からなり、総面積の約86%を国・道有林などの森林が占めています。

気候

道東地区の内陸気候帯に属しているため、夏は相当の高温を記録するが、冬は流氷などの影響も受け寒冷で寒暖差が大きい。
また、降水量は少なく、晴天日数が大きいのが特徴で、日照率は全国有数を誇っています。

住民企画課

このページのトップへ