トップ > 施設の案内 > 公共施設 > 下水道施設

公共施設

公共施設

下水道施設

下水道管理センター

下水道管理センターは、平成元年10月から供用開始し、処理方法は水処理方式で、管理維持の容易なオキシディションディツチ法を採用しています。

農業集落排水管理センター

活汲地区の排水を処理するために平成9年2月から供用を開始しており、接触曝気方式により処理を行っております。

下水道事業の概要

下水道事業の概要
区分 処理内容
計画処理面積
208.3ha
計画処理人口
5,200人
排除方式
分流式
計画汚水量
3,480立方メートル/日最大
中継ポンプ場
9カ所

下水道管理センターの概要

下水道管理センターの概要
所在地 北海道網走郡津別町字達美186番地
敷地面積
12,000平方メートル
水処理方式
オキシディションディツチ法
処理能力水量
3,480立方メートル/日最大
放水水質
BOD 15mg/リットル以下

SS   40mg/リットル以下
汚泥処理方式
濃縮・脱水
放流先河川名  
一級河川  網走川
管理センターの構造
鉄筋コンクリート造り 地上2階・地下1階
主な施設
沈砂池 1池・オキシディションディッチ3池・最終沈殿池3池・塩素減菌池1池・汚泥濃縮槽2槽・汚泥貯留槽1層・汚泥脱水槽1台

汚泥投入施設の概要

汚泥投入施設
施設名 内容
粉砕ポンプ
2台
自動スクリーン
1台
しさ脱水機
1台
汚泥投入ポンプ
2台(予備1台)
汚泥受入槽
1槽
流水調整槽
2槽
薬洗式脱臭装置
1台
活性炭吸着塔
1塔

受益区域

公共下水道区域(下図)以外は、合併浄化槽の設置をする区域となっています。

農業集落排水施設

農業集落排水管理センターの概要

活汲地区の排水処理を目的とした処理施設で、平成9年2月から供用を開始しており、JARUS-3型により排水処理を行っております。

農業集落排水事業の概要

事業概要
区分 事業内容
区域面積
38.4ha
計画処理人口
500人
排除方式
分流式
計画処理水量
135m3/日最大
中継ポンプ所
3箇所

活汲農業集落排水施設概要

施設概要
区分 施設内容
敷地面積
6,561平方メートル
浄化槽型式
JARUS-3型
人槽規模
500人槽

建設課

このページのトップへ