トップ > くらしの情報 > 手続き > 印鑑登録

手続き

窓口手続き

印鑑登録

印鑑登録

  • 印鑑登録をする際は・・・

 印鑑登録は,本人が自ら登録する印鑑を持って,印鑑登録(再交付)申請書により申請してください。

 このほか、代理人による申請方法もあります。

必要なもの

◇ 登録する印鑑

本人確認ができるもの
本人確認できるもの
1 免 許 証 な ど
官公署の発行した免許証・許可書・身分証明書などで本人の
写真が貼り付けられているものを1点お持ちください。
例:運転免許証,パスポート,身体障がい者手帳等
2 帳 票 類 3 点
次のうちの3点をお持ちください。
・ 健康保険証
・ 年金手帳
・ 年金証書
・ 老人医療費受給者証
・ 重度心身障がい者医療費受給者証
・ 母子家庭等医療費受給者証
・ 介護保険証
・ 児童扶養手当証書
・ 特別児童扶養手当証書
・ 有効期限が切れた運転免許証,パスポート等
・通帳
・病院の診察券
・その他
3 保 証 人 方 式
すでに印鑑登録をしている方に,登録申請者が本人に相違な
いことを書面で保証していただく方法です。保証する方の印
鑑登録している印鑑の押印が必要です。



代理で印鑑登録をするには・・・

 本人が病気,長期出張等で窓口へ来ることができない場合には,代理人による申請方法があります。
 ただし,代理での印鑑登録は,手続きに日数がかかります。

  • 手続きの流れは・・・

 まず,代理の方が来庁して次の手続きをしてください。書類の確認後,登録者本人に照会・回答書を送付します。

otiba2 印鑑登録(再交付)申請書

otiba2 代理人権授与通知書

otiba2 登録する印鑑

otiba2 代理人の印鑑 ・・・認め印でかまいませんが,スタンプ印は不可です。

 次に,照会・回答書が本人の元に届きましたら,次の物を持参して,再び代理人の方が来庁してください。印鑑登録証が交付されます。

otiba2 照会・回答書 ・・・回答書欄に登録する本人が記入したもの。

otiba2 登録する印鑑

otiba2 代理人の印鑑 ・・・申請したときと同じ印鑑が必要です。

  • 印鑑登録終了後,ご希望があれば印鑑登録証明書も発行できます。

保健福祉課

このページのトップへ