トップ > お知らせ > つべつ町のお知らせ > 公募型プロポーザル実施に係る質問への回答(第2回)

つべつ町のお知らせ

公募型プロポーザル実施に係る質問への回答(第2回)

津別町森林現況解析業務及び津別町森林ICT活用基盤整備業務に係る質問について回答いたします。
※質問として頂いた文章について語調をあわせるため一部改変をしています。

質問と回答

質問4

・質問項目
森林ICT活用基盤構築業務について

・質問内容
参要求水準説明書第21条にあるシステムのうち、必要な端末数をどのように想定しているか。

・回答
必要な端末数は11台程度を想定しています。
内訳としては、自席で利用する端末と現場で利用する携帯端末の2通りを想定し、自席で利用する端末は津別町役場内の1台、携帯端末は津別町役場で利用するものが2台、民間事業体へ津別町から貸与し試験利用するものが8台程度と考えています。

質問5

・質問項目
森林ICT活用基盤構築業務について

・質問内容
要求水準説明書第21条にあるシステムのうち、民間事業体に対する端末導入およびランニングコストは本業務に含めると考えているか。

・回答
民間事業体に対する端末導入およびランニングコストは本業務に含まれます。これは、津別町がすべてのシステムと端末を導入し、それを民間事業体に貸与することを想定しているためです。ただし、民間事業体で導入を想定している端末は携帯端末のみとなり、ランニングコストについては納入されるシステムを運用するための当初の年度分が本業務には含まれることになります。

お知らせ

産業振興課 林政・再生可能エネルギー推進グループ

このページのトップへ