トップ > お知らせ > つべつ町のお知らせ > ダニ媒介感染症の予防等について

つべつ町のお知らせ

つべつ町のお知らせ

ダニ媒介感染症の予防等について

道内でダニ媒介性脳炎が発生したことから、ダニ媒介感染症の予防について注意喚起をいたします。

ダニ媒介感染症の予防にはダニに咬まれないことが重要です。これから秋にかけてダニの活動が盛んになりますので、森林内の作業やキノコ採り、農作業等を行うにあたっては、下記のことに留意しダニに咬まれないように注意して下さい。

ダニに刺咬され感染症の初期症状と思われる症状が現れた場合は医療機関で処置、治療を受けて下さい。


森林内等の作業におけるダニに咬まれることへの予防対策について

  • 服装について
    ① 皮膚の露出は避けて下さい。
    ② 衣服は、長袖、長ズボン、長靴下等を着用し、襟首、袖口、裾からダニが入り込まないよう、そで締まり、すそ締まりのよいものを着用して下さい。
  • 作業中、作業後等における対策について
    ① 休憩、休息時間等には、自分の衣服をたたいてダニを落としてください。また、敷物等を使い、地面に直接腰を下ろさないよう心掛けて下さい。
    ② 終業時には、ダニが付着していないかお互いの服装(頭部、耳の中と後部、首の周りを含む。)を点検してください。
    ③ 帰宅後、入浴時等において、咬まれることが多い頭部(髪の毛の中)、耳の中と耳の後部、首の周り、わきの下、そけい部、大腿部内側、膝の後部などにダニや咬まれた痕がないか確認して下さい。
  • その他
    ①忌避剤(ディート:DEET)の使用で、マダニに対して一定の忌避効果が得られます。
    ②野生動物等には、直接触れないようにして下さい。

ダニに咬まれた場合の対処について

  • ダニに咬まれた深さが浅く、自分でダニを取り除くことが可能である場合
    ① ダニの口器が皮膚に残らないようにピンセット等で皮膚に近い部分を挟んで静かにゆっくりと離して下さい。なお、その際、病原体が逆流して感染を促すことがあるので、無理をして虫の体を絞りこむ事のないよう注意して下さい。
    ②取り除いた皮膚の部分は、消毒して下さい。
    ③ダニの一部が皮膚に残った場合は、残った虫の体を皮膚科医師に完全に取り除いてもらうようにして下さい。
  • 自分でダニを取り除くことが困難である場合
    皮膚科医師により、刺咬した虫の体を取り除いてもらうようにして下さい。

ダニ媒介感染症の初期症状と対応について

  • 潜伏期間は通常7日から14日で、その後、発熱・筋肉痛・高度の頭痛・悪心などのインフルエンザに似た症状が出現します。
  • 以上のような感染症の初期症状と思われる症状が現れた場合は、医療機関で処置、治療等を受けて下さい。

参考ホームページ等
厚生労働省 ダニ媒介脳炎に関するQ&A : http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou18/mite_encephalitis.htmlこのリンクは別ウィンドウで開きます
国立感染症研究所 ダニ媒介性脳炎 : http://idsc.nih.go.jp/idwr/kansen/k02_g1/k02_04/k02_04.html
マダニ対策、今できること : files/madanitaisakuimadekirukoto.pdfPDFファイル(3102KB)

お知らせ

林政・再生可能エネルギー推進グループ

このページのトップへ