トップ > お知らせ > つべつ町のお知らせ > 合板業界初、CO2ゼロの合板が販売されます

つべつ町のお知らせ

愛林の町 つべつ町のお知らせ

合板業界初、CO2ゼロの合板が販売されます

  •  合板製造業の丸玉産業株式会社(本社 津別町)は、合板の製造から廃棄されるまでに排出されるCO2を、津別町が削減したCO2で埋め合わせ、CO2ゼロの製品を実現しました。町が削減したCO2とは、町内から産出した間伐材や林地残材を利用して作られた木質ペレットを、公共施設の暖房用燃料として重油に代わり利用して削減されたもので、この削減されたCO2を購入することにより、合板業界初、CO2ゼロの製品として平成26年3月より販売開始されます。
     
       この製品は、経済産業省の平成25年度「見える化」制度連携活性化補助事業としてスタートした、地球に優しい取り組み「どんぐりポイント」制度の対象製品として販売され、この製品に付与された「どんぐりポイント」が、消費者の同意を頂きながら、北海道の子供たちの教育環境の支援に充てられる予定です。

    ■問い合わせ先 
     役場林政グループ (電話76-2151内線259)

お知らせ

産業振興課 林政グループ

このページのトップへ