トップ > お知らせ > つべつ町のお知らせ > 75歳以上の方と同居する国民健康保険に加入者の方へ後期高齢者医療制度創設にともなって国民健康保険の保険料などが軽減されます

つべつ町のお知らせ

つべつ町のお知らせ

75歳以上の方と同居する国民健康保険に加入者の方へ後期高齢者医療制度創設にともなって国民健康保険の保険料などが軽減されます

平成20年4月以降、75歳以上の方は、後期高齢者医療制度に移行し、新制度の保険料を納めることになります。
それにともなって、国民健康保険に引き続き加入する方の保険税負担が急に増えることがないように、国保被保険者の保険料については、次のような軽減を受けることができます。

75歳以上の方が後期高齢者医療制度、75歳未満の方が国民健康保険に加入することになる場合
国民健康保険被保険者 後期高齢者医療制度
被保険者
国民健康保険
被保険者
夫(76歳)・妻(72歳)
夫(76歳)
妻(72歳)

①所得の低い方の国保保険料の軽減について

保険料の軽減を受けている世帯は、世帯構成や収入が変わらなければ、5年間今までと同じ軽減を受けることができます。

②世帯割で賦課される国保保険料の軽減について

国民健康保険の被保険者が1人となる場合には、5年間世帯割で賦課される保険料が半額になります。

75歳以上の方が被保険者から後期高齢者医療制度に移行することにより、その被扶養者(65歳〜74歳)が国民健康保険に加入する場合
会社の健康保険
被保険者(夫)と
被扶養者(妻)
後期高齢者医療制度
被保険者
国民健康保険
被保険者
夫(76歳)・妻(72歳)
夫(76歳)
妻(72歳)
新たな保険料負担

新たに国民健康保険に加入し、国民健康保険税を収めることになった方については、市町村の窓口に申請いただければ、2年間、被扶養者1人あたりで賦課される保険料が半額に、さらに、被保険者が1人の場合には、世帯別で賦課される保険料も半額になります。

◎問合せ先 役場 健康・医療グループ 電話76−2151

お知らせ

健康医療グループ

このページのトップへ